フランス革命

チリワインについて

よく、どのワインがいいのか分からないと悩む人に、チリ産のワインを買うと間違いないと答える人がいますが、チリ産ワインは、安いだけではなく、美味しいものが多く、ハズレがないのが特徴だといえるでしょう。
特に、コノスルなどは人気が高いようです。
チリワインが他国のワインと比較して安価なのは、日本とのFTAと呼ばれている自由貿易協定によって、ワインの輸入に置いて関税がかからないためなのです。

それだけではなく、チリの物価自体も安いということもあって、コストパフォーマンスの非常に高い美味しいチリワインを飲むことができます。
もともと、チリはスペインに統治されていたのですが、1818年にスペインから独立し、本格的にワイン造りを始めます。
1851年には、フランスよりカベルネ・ソーヴィニヨンやメルロ―などが導入され、チリの各地での栽培が始まりました。

19世紀後半、ヨーロッパでは、寄生虫のフィロキセラによってぶどうが全滅したのですが、ヨーロッパから遠く離れたチリだけは被害にあわなかったようです。
そこで、チリのブドウこそ、本来のヨーロッパのぶどうの品種のままだという説もあるほどなのです。
しかし、1900年代、酒税が増税されたり、法律が改正されることによって、ワイン造りが長期間低迷していました。

しかし、1974年にブドウの栽培を制限するような法律が撤廃されたことによって、1980年代以降、急速にワインの品質が向上していったのです。
そのなかでも、チリカベと呼ばれるほど有名なのは、チリ全土の赤用の品種の45%強を占めるほど大きなシェアを持つカベルネ・ソービニョンです。
この特徴は、タンニンが味わい深く、骨格がしっかりとしていて、長期熟成型のものだと言えるでしょう。
チリの気候は、地中海性気候のため、ブドウを育てるにあたって化学肥料を使用する必要がありません。
夏は乾燥しているので、菌やカビを防止するための防腐剤も必要ないのです。




このページの先頭へ